東京大学卒業生であれば出身学部・学科を問わず誰でも入会できる日本全国で活動する地域別同窓会

お問い合わせ

Q.東京大学同窓会連合会、赤門学友会、学士会について教えてください。

A.

東京大学同窓会連合会

  • ごく最近までは、東京大学には、学部・学科別の同窓会や、運動会や文化サークルの同窓会、また地域単位の同窓会など様々な同窓会が個別に活動していましたが、他の私立大学のような全学統一的な同窓会組織はありませんでした。
  • 1997年になり、関西や関東でばらばらに活動していた地域同窓会が結集し、向坊隆氏元総長を会長にお迎えし、東京大学同窓会連合会を設立しました。
  • 同会は、全学的意識の薄い当学の各種同窓会の相互交流を促進することにより、国立大学法人として発足した大学と卒業生との連携強化を図ると共に、当学の卒業生が、全国どこにいても同窓会活動に参加できるよう全国に同窓会を展開することを目標として活動しています。その一環として、当会は大学の協力を得て、卒業生の自主企画として、東京大学ホームカミングを初めて開催しました。
  • 当会の特色は、地域を基盤にし、出身学部・学科・サークルを問わず誰でも入会でき同窓会、大学と協力しながらも、卒業生の親睦・交流を第一義として、卒業生が自主的に運営する会であることです。この基軸に立って、国立大学法人化以降にできた東京大学赤門学友会と連携しております。、

東京大学赤門学友会

  • 東京大学赤門学友会は、国立大学法人化以降に大学のイニシャテイブにて大学内に設立された、卒業生・教員を含む東京大学を支援する団体・個人を結ぶネットワークです。東京大学として初めての全学的な組織ですが、会員団体とは上下関係では無く、あくまでコミュニケーションが主体のゆるやかな組織です。赤門学友会の最大の関心は、大学の総合的な競争力強化のため、卒業生からの物心両面での協力・支援を組織化することで、同窓会が目的とする親睦・交流と重点が異なりますが、大学の総合的競争力強化の観点より当会は、赤門学友会と引き続き連携・協力して行きます。赤門学友会は年3回ニュースを発行し、約10万人の卒業生に届けています。

学士会

  • 東京大学の特殊な環境にあって、国立大学7校(旧七帝大)卒業生からなる学士会は、特に同窓会の無かった文系学部の同窓会的な親睦・交流の役割を果たしてきました。当会が結成され、更に赤門学友会が設立された現在にては、7国立大学卒業生の交流・親睦の会員制倶楽部として講演会など有意義な活動を行っています。

Q.東京大学同窓会連合会の地域同窓会について教えてください。

A.

  • 東京銀杏会や関西東大会は、地域を基盤とした全学的な同窓会組織です。地域同窓会は主に県単位で設立されていますが、まだ設立されていない地域も多いのが現実です。 (地域同窓会一覧参照)
  • 地域同窓会には個人として入会可能ですが、同窓会連合会は個人で入会は出来ず、クラス会を含め団体としてのみ入会可能です。

Q.「東京大学を卒業している〇〇さんの連絡先を教えてください」「〇〇学部を卒業したか確認したいのですが」との質問について。

A.

  • こちらは、東京大学の各同窓会を会員とする「同窓会の連合組織」ですので、個人の会員に関するお問い合わせは、各学部・学科か、各同窓会、または各学部の同窓会などにお問い合わせください。
  • ただし、多くの団体では第三者からの問い合わせにはプライバシーの観点から連絡先をお答えしていないことが多いと思います。例外的に、同窓会から本人に連絡の上、本人の了解が得られた場合はお教えできることもあります。また、いずれかの同窓会の会員になっていただければ、同じ会に所属する他の会員の連絡先は教えられると思います。
  • なお、東京大学の各学部には卒業生の名簿はありますが、それは卒業時点での名簿ですので、現在の連絡先などは学部は把握していません。

Q.「結婚の紹介をしてほしい」との質問について。

A.

  • なぜかたまにそういったご連絡を頂くことがありますが、そういったことは行っておりません。当会が契約している仲介サービス会社にご案内はできます。
  • その他のお問い合わせは以下のフォームから受け付けております。お気軽にご質問ください。
    • ①メールアドレス 
    • ②お名前     
    • ③卒業年度・学部 
    • お問い合わせ内容

事務局の電話、FAXでもお問い合わせを受け付けております。

  • 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学第二食堂1階
    • Tel 03-5804-3875 Fax 03-5804-3876
    • E-mail:bunshitsu2@adm.u-tokyo.ac.jp

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional